お問合せはこちら

岩槻インター店0120-344-713 上尾店0120-344-860 久喜店0120-344-820

新着情報

ワンちゃんと一緒に出かける時に気を付けること

2021.8.1  豆知識 

皆さんこんにちは!

岩槻インター店の吉田です👩🏻

 

突然ですが!私の祖父母の家では、今年4歳になるワンちゃんを飼っています🐕

祖父母と一緒に、ワンちゃんを連れて車で出掛けることが多いので、ワンちゃんと車で出かけたときに気を付けるべき事を調べてみました!!

 

 

ワンちゃんを車に乗せるときの注意点として、車の中を自由に歩き回らせないというのが、大切です☝🏻

車内を歩ける状態にしておくと、運転席の足元に入り込んだり、窓から顔をだして外に落ちたり、急ブレーキによって転んでしまったり、など危険なトラブルに繋がります。

また、車から離れる際は、絶対にワンちゃんを車内に残さないでください💥

気温のさほど高くない日でも、日光により車内の温度がとても高くなってしまうこともあります。

そのような場所にワンちゃんを放置すると、熱中症や脱水症状を起こしてしまう可能性があり、とっても危険です!絶対にやめましょう。

ドライバーだけでなく、ワンちゃんにとっても長距離ドライブでは定期的な休憩が必要です👍🏻2時間に一回を目安に休憩を取るようにしましょう!

 

 

ワンちゃんは、車酔いをしてしまう事もあります😨💥

人間と同様に個体差があり、原因も同じく、三半規管が車の振動などに影響されて起こるという、体の器官の問題です。

車酔いをしたワンちゃんは、【あくびが出る】【そわそわする】【震える】【よだれが出る】などの症状が出る場合があります。

三半規管の問題のほかに、嗅覚に敏感なワンちゃんにとって、きつい匂いがする、慣れない環境にストレスを感じる、以前車に乗ったときの嫌な思い出などの精神負担が原因になる、ということもあります😥

三半規管への影響を軽減するために、ケージやキャリーに入れてシートベルトを固定をしましょう。

車に慣れさせるために、最初は車を止めた状態で様子を見て、車内の環境になれたところでエンジンをかけ、近所を走るというように、徐々に慣れさせる方法もあります。

ドライブになれることで、車酔いをしなくなるワンちゃんもいるので、最初はなるべく短い距離から始めると効果的です☝🏻

 

 

これらの注意点をしっかり把握して、大切な家族の一員であるワンちゃんと一緒に、ドライブを楽しんでくださいね🙆🏻‍♀️❕❕